保有銘柄分析 エフティグループ

エフティグループの特徴

保有銘柄のエフティグループについて書こうと思います。

エフティグループはネオモバでコツコツ買っていたのですが、現在は100株保有しています。

平均取得価格は1362円です。

エフティグループは、中小企業向けの情報通信システム、セキュリティシステム、インターネット環境、省エネルギーサービスなどの提案を主体にしている企業です。

購入動機は、①売上高営業利益率が高い、②営業費用売上比率がまあまあ良い、③高配当という観点からだったと思います。ただ、いきなり100株購入は怖かったので、ネオモバで少しずつ買っていました。

①売上高営業利益率

売上高営業利益率は10%を継続して超えています。

ただ、売上高、営業利益は伸び悩んでいますね。

②営業費用売上比率

営業費用売上比率は1.15以上をここ2年は超えています。今期も超える予想ですね。

③配当金と配当性向

配当金と配当性向です。

配当金は今期は63円の予想です。現在の配当利回りは4.78%なので、かなり高配当の部類ですね。

2019年:58円、2020年:61円、2021年:63円とわずかながら増配を繰り返しています。

第36期の報告書によると、配当性向は50%を目途に決定すると書かれています。2021年度はEPS101円であり、配当性向は63%でした。それ以前の配当性向はほぼ50%でしたので、2021年度は高めでした。

50%を目途にするのであれば、今期のEPS予想が116円なので、配当金は58円程度が予想されます。

減配しないことを祈るばかりです。

④FCFと営業キャッシュフローマージン

FCFと営業キャッシュフローマージンです。

FCF、営業キャッシュフローマージンとも安定していません。

あまり安心して保有できる感じではなさそうです。

なんで購入したんだろう?

⑤営業キャッシュフローは当期純利益より大きいか

ほぼほぼ営業キャッシュフローは当期純利益を下回っています。

いよいよなんで購入したのかわからなくなってきた。

しかし、これも経験と思うことにしよう。

⑥ROE

ROEは20.7%と高いです。

⑦自己資本比率

自己資本比率は39.16%と、ぎりぎり40%を切っています。

投資判断

自分の投資基準を満たすか検討してみました。

1.売上高営業利益率が10%以上➡〇 うむうむ、まずまず合格

2.売上高、EPSが毎年増加している➡× あれ、だめじゃないの?

3.営業費用売上比率が1.15以上➡〇 いいね。

4.配当利回りが4%以上➡◎ すごくいいね。

5.配当性向が50%以内➡× 2021年度は60%超えたし、今期も超えるかも

6.自己資本比率が40%以上➡× ギリギリ駄目よ

7.ROE10%以上➡◎ いいっすね。

8.FCFが毎年プラス➡× 安定していないわ。

9.営業CFが毎年増加している。および、当期純利益より多い➡× 全然ダメやないの

10.営業キャッシュフローマージンが15%以上➡× 痛い、心が痛い。

というわけで、10項目中、条件を満たしたのは4項目だけでした。

あまり、おすすめはできない感じですね。

当面は買い増ししないで見守ろうと思います。

ただ、気になる点としては、ストック売上比率が53.8%へ増加している点ですね。

2021年3月期決算説明資料より抜粋

 

「エフエネ電気」、光回線自社ブランドの「ひかり速トク」、節水装置「JET」などの他に、LINE集客サービスにも力を入れて、ストック収益拡大を目指すそうです。

2021年3月期決算説明資料より抜粋

 

これが上手くいけば収益は安定しますね。しかし、こんなにうまくいくもんですかね?

結論

やっぱり様子見です。相場が暴落して配当利回りが5%を超えたら買うかもしれません。

雑記
釣りを初めてからタモを買ってかれこれ2年ぐらいたった気がします。しかし、いまだに一度も使ったこともなく、釣り場に持って行ったこともありません。なぜなら、釣れるわけもないのに持って行くのが恥ずかしいからです。久しぶりに取り出してみたら、柄を止めるための部品が1個なくなってました・・。ガムテープで止めることにすりゅ。

 

 

 

よろしければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

シェア thank you