高配当ETF SPYDを一部売却した。

高配当ETF SPYDが減配

高配当ETFとして有名なSPYDですが、12月の配当金が0.127557ドルと発表されました。

昨年12月と比べるとー78%とのことです。

12月はSPYDの配当金もあるし、ウハウハだな~って思ってた矢先の出来事だったので、心も体もヒートショックを起こしました。

ただですね、今年のトータル配当金は1.549ドルで、昨年は1.632ドルですので、トータルで見ると前年比ー5.09%です。

減配ではありますが、ー78%という数字のインパクトが強すぎた感もあります。

SPYDの限界

SPYDは、SPDR ポートフォリオ S&P 500 高配当株式 ETFといい、S&P500のうち配当利回りが高い80銘柄を均等配分して構成されています。

定期的に銘柄の入れ替えが行われていますが、株価が上昇して配当利回りが低下した銘柄は除外され、株価が下落して配当利回りが高まった銘柄が組み入れられるので、SPYDの株価上昇は大きくない傾向があります。

SPYDの株価チャート(VIG,VYMとの比較)

TradingViewより引用

2017年からの株価チャートを眺めてみます。

上からVIG、VYM、SPYDとなっており、SPYDの株価上昇が劣後しているのがよくわかります。

いくら高配当と言えども、これだけキャピタルゲインに差があると長期的に見た場合のリターンは大きく差が出そうです。

短期的に配当金を最大化したい場合には良いかと思います。

SPYDの配当金・増配率推移(VIG,VYMとの比較)

SPYDの配当金と増配率の推移です。

増配率は安定していませんね。

配当利回りが高い80銘柄を均等配分に組み入れるという単純な基準だからでしょうか。

参考までにVIG、VYMの配当金・増配率を見てみましょう。

VIGの分配金推移は右肩上がりで美しいですな。

 

VYMの分配金推移もまた、右肩上がりで美しい。

SPYDの運用状況

SPYDはコロナショック前から購入していましたが、コロナショックでの大暴落時も少しずつ買い増ししておりました。現在の運用状況は、

こんな状況です。間違って一般口座で買ってしまったものがあります・・。

先日、50株売却したので、現在は257株保有しています。

現在までの受け取り配当金は、684.44ドルでした。

今後の投資方針

2年ほど前から高配当株を増やす投資を主体に実施しており、短期的に配当金を最大化したいと思っていたのでSPYDを多めに購入していましたが、コロナショックのような暴落時の耐性が低いこと、増配率が安定しないこと、キャピタルゲインがVYMやVIGよりもかなり劣後することを考えると、多く持っている意味は無いなと感じております。

ですので、保有株数を減らしてVYMやVIG、HDVや、金利上昇局面に備えて国債や債券に分散していこうと思います。

雑記
最近、朝早く起きてプログラミングの勉強をしようと3日ほど頑張ったのですが、雪が積もってしまったので朝早く出ないと渋滞して遅刻します。結局、朝はできないですな。

 

よろしければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

シェア thank you